FC2ブログ

リウマチ 薬なしで治す

抗リウマチ薬を絶って自然治癒で関節リウマチを治す日々の記録

疲れはリウマチを悪化させる?


ウォンバットみたいな <LINEスタンプ> 日本語版
ウォンバットみたいな








リウマチと診断される以前の10月末に8泊9日で


ちょいむちゃなプランの国内旅行に行った時の出来事です。



この話はこちら▶▶ウォンバットと破天荒なプランの国内旅行(5)

最初から旅行の話を読むなら▶▶こちらからどうぞ




手や手首の痛みが常にあるので、


鎮痛剤と湿布は大量に持参していました。



いつも通り手や手首の痛み、朝の指の強ばりはありました。


その頃は手と手首しか痛くなかったんです。



ある日、夕飯を食べてから夜に海で満月を見ようと外出。


風と波しぶきが凄くてビッショリ。(笑)


寒いし天候も悪いから急いで宿に戻ったんです。


その後なんか体に違和感が。


いつもの手とかだけじゃなく肩と背中も痛くて腕があがりません。


畳の上に座るのも、立ち上がるのも痛くて力が入らなく一苦労。


身体が悲鳴を上げています。


旅行どころじゃないんでは?


って悩んだ程でした。


湿布は一気に3袋は使いましたね。(笑)


どれだけ広範囲に痛いか想像できますか?


因みに朝になったら海岸を散歩できるほど痛みが軽減。



場所が変わると痛みが出るのか、


疲れで痛みが強くなるのでしょうか?



今もたまに日に寄って痛みが違う場所に出ますが、


リウマチと診断される前と後あたりは


今よりも頻繁にあちこちと痛みの場所が変わっていましたね。


痛い場所が安定しないというか。




これもリウマチからくるものなのでしょうか?









RANKING.png
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ:関節リウマチ - ジャンル:心と身体

一向に治らない手根管症候群


ウォンバットみたいな <LINEスタンプ> 日本語版
ウォンバットみたいな









整形外科に毎日のように通って


電気治療をしてるのに一向によくならない。


それも4ヶ月目に入るのに。


何故なんだろうか??


何故
Design from ウォンバットの国オーストラリアへ




もしかして手根管症候群じゃないんでは?



疑問を持ちだしたので、色々調べてみた。




婦人系からくる問題


銀歯の詰め物の金属アレルギー


内臓からくる疾患


脳からくる疾患




似たような症状でも色んな病気の可能性があるんですね。


● 関節炎

● 関節リウマチ

● 関節症性乾癬

● 繊維筋痛症

● 手根管症候群

● ばね指

● 脊椎関節炎

● 多発性筋炎

● リウマチ性多発筋痛症

● 頚椎症

● 変形性手指関節症

● パーキンソン病

● キーンベック病

● 間質性膀胱炎

● 全身性エリテマトーデス

など




婦人科の病気で手が痺れたりすることも


あるようなので、まずは婦人科からあたってみよう。




実はこの怪我の痛みは海外で発症したので


クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険(*1)


で治療を受けることができました。


だから実際のところ治療費が掛かっていません。


ほんとありがたいです。




保険会社に婦人科に掛かれるか聞いてみた。


婦人科での受診は保険適用外なんですって。


それでは手根管症候群の検査をしてくれる


内科から掛かることにします。




さて本当に手根管症候群なのかな??






*1) 海外旅行傷害保険

の事はさらっと別の機会にお話ししますね。








RANKING.png
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

テーマ:関節リウマチ - ジャンル:心と身体

日本でも手根管症候群と診断される


ヤッホー! 黒白くま
黒白くま







日本に帰国してから、整形外科に行きました。


そこで診断された病名は



手根管症候群



オーストラリアと同じ診断結果でした。


膝の痛みは特に病名は言われてなく、


坐骨神経痛からくるものでは無いと否定されました。


原因は


圧迫じゃない?


って、さらっと言われた。


やっぱり彼のせいだ!!(笑)



そんな感じでリウマチだったなんて夢にも思わずにいたわけで。




ここは理学療法士がいる、整形外科だったけど


治療は電気治療のみだったな。


それも両手、両膝同時に。(笑)


ま、治療をすれば良くなるだろうと、


あくせくとほぼ毎日通っていました。




さて電気治療の効果はあったのかな??


うーーーん・・・



3ヶ月経っても大して良くならない。


だから美顔器のような形のヘッドがついてる


機器の超音波?治療に変更して貰ったけど、


これまた良くなる気配なし。


本当に手根管症候群なのかな??


4ヶ月目にしてようやく疑問を抱くようになりました。




そういえば、オーストラリアって電気治療とか無かったな。


怪我などは全て理学療法士による施術と


家でやるストレッチ体操。


電気治療も大事だろうけど、


関節の動きが悪くならないよう


自分でもある程度筋肉ほぐしたり、


なんかストレッチは必要だなって感じます。


ただし、かなり激痛の時は安静にしてる方がいいかと思います。




電気治療だけがいい、


理学療法士の施術だけがいい、


ってどっちも良いところがあるから良し悪しはつけれないけどさ。


でも現在、理学療法士による施術を受けてる身としては


やはりストレッチやリウマチ体操とかすると


体は良い方向に向かってくれてると実感はありますね。










RANKING.png
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

テーマ:関節リウマチ - ジャンル:心と身体

膝の痛みが再発!薬を飲むべきか飲まざるべきか?


ウォンバットみたいな <LINEスタンプ> 日本語版
ウォンバットみたいな








日本に帰国してすぐのことです。



両手、両手首は当然ながら痛いです。


手全体が浮腫んでるし、朝のこわばりも強い。


オーストラリアで坐骨神経からきてる膝の痛みだろうと


診断されてから不思議なことに膝の痛みは全く消えてたの。


でも日本に帰国して数日後、前触れもなく急に痛みが再発!


何とも言えない痛み。


怪我したとか、ズキッてする膝の痛みとかじゃなくて、


なんだろう・・・


私の場合はなんかが膨張して血管が破れつする感じというか。


うまく表現ができない、味わったことの無い痛み。


でもね、薬を飲みたくないってずっと思っててとにかく我慢してたの。


毎日が苦痛でも、薬=体に毒って感じで素直に飲めない。



飲むべきか、飲まざるべきか。



2週間くらい悩んだ結果、


それって精神的にもよくないかもしれないと思って


痛ければ鎮痛剤飲むことにしたの。


1日4錠~5錠とか飲んでたな。


そう、自分を甘やかすことにしたわけ。(笑)


やはり普段薬を飲まないから効くのか、


数時間は痛みが和らいでくれる。


でも朝には激痛で目が覚める毎日。


痛みは1ヶ月~2ヶ月くらい続いたけど、


いつの間にか痛みはだんだんと治まってきたな。


それでも鎮痛剤は毎日3回飲んだままだったけど。




今でもやはり薬品でできた薬って正直怖いから


飲まなくていいなら飲みたくない。


今は鎮痛剤は飲んでない。


しかし身体のどこかで炎症を起こして腫れててたら、


夜に1錠だけ飲みます。


腫れをそのままにして炎症が悪化するより、


鎮痛剤の炎症を止める効果を期待して飲みます。


そうすると次の日には結構炎症が治まってくれます。


腫れが無く、痛いだけなら様子見で我慢してます。


それは私には合ってる薬の飲み方みたい。




早く痛みがなくなりますように✨







RANKING.png
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村


テーマ:関節リウマチ - ジャンル:心と身体

これもリウマチの前触れ?


ウォンバットみたいな <LINEスタンプ> 日本語版
ウォンバットみたいな







オーストラリアで手根管症候群と診断されてから数日後のことです。


オーストラリアは日本とは季節が逆なのでちょうど真冬のことでした。




夜中に突然、尋常でない膝の激痛で目が覚めました。


あまりにも痛くて大泣きして、


彼に病院に連れて行ってと泣き叫ぶほどでした。


痛みでまったく足が動かず。


まったく理由がわかりません。


睡眠中に彼が私の足の上に長い間乗っかり、


その圧迫で激痛になったとしか思えません。




夜中の3時だったので、


緊急病院しか開いてないし、


何処にあるのかわかりません。


クレジットカードに付帯されてた海外傷害保険があったので、


保険会社に連絡して近くの緊急病院を探してもらいました。


これは本当に助かりました。


でも探して貰うのに2時間程かかりました。


2時間経ったら頑張れば自分の足で歩ける程、


痛みが若干緩和してきたんです。


病院に着いた頃には既に発症してから


4時間くらいは経過したかと思います。


その頃にはさらに痛みが治まっていました。




病院についても、緊急性のある人が


優先だということで受付で2時間くらい待たされ・・・・


診察室に入っても2時間くらい待たされ・・・


診察台で軽く診察して、


診察台の上に横になりながら更に3時間程待たされ・・・・


夜中に起きたもんだから診察台の上で爆睡してしまった。


さんざん待たされているうちに痛みがかなり引いてきました。


痛み止めを出されて飲んだんですが、


それが効いたのか病院を出る時にはすっかり良くなってしまいました。




ほんとうにこの痛みは何だったのか不思議です。


やはり、彼に圧迫されてたのかな・・・?




因みにそこで診断された病名は



坐骨神経痛



これって正しいのかな??




今となってはこれも関節リウマチの先手攻撃だったのかなって思います。




こんな痛みはもう勘弁です。







RANKING.png
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体